2007年08月16日

理髪店は外科医も兼業していた?

中世ヨーロッパでは、理髪店は外科医も兼ねていたとのこと。







美容院刃物を扱い慣れていたせいか、抜歯や傷口などの治療もしていたそうです。


そのころ瀉血(しゃけつ)といって、健康維持や

病気治療のために血管から悪い血を抜くことが流行り、

これも理髪師が行っていました。



そうなんだ〜
posted by べつに at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 職業・備品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。