2007年08月18日

薬局と薬店は、どこが違うの?

薬局と薬店、この微妙に違う呼び名は、

実は明確に区別されています。







決定まず、薬局は、医師の発行する処方箋に従って

薬の調剤が行える店の

ことで、薬剤師がいることが条件となります。



一方、薬店は、一般用医薬品を販売する店のことで、

薬の調剤はできません。



では、最近増えてきたドラッグストアーはといえば、

薬局の許可を受けている店と、一般販売業の許可を

受けている店が

あるそうです。
posted by べつに at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 職業・備品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。